女性のための恋愛・セックステクニック『現場の視点』

生の言い訳 : 女性のための恋愛・セックステクニック『現場の視点』

このサイトは、サイト管理者の中山 志乃が10年以上の接客経験から学んだ男性の習性や男性が魅了されるツボなどを応用した女性のためのセックステクニック・恋愛に関する気づきなどを『性の現場で働く者』の視点でお伝えします。パートナーの男性との関係をより素敵なものにするために『現場の視点』がお役に立てば幸いです。【女性向け】



生の言い訳:女性のための恋愛・セックステクニック『現場の視点』には、
セックス(SEX)に関する話題が記載されています。18歳未満の方は速やかにご退場ください。


生の言い訳:女性のための恋愛・セックステクニック『現場の視点』には、セックス(SEX)に関する話題が記載されています。18歳未満の方は速やかにご退場ください。

生の言い訳

どうして男性は生での行為にこだわろうとするのかについてお話をします。

「できれば、コンドームなんかつけたくね~!!!」
「生でできたら最高!!」

世の男性の大半が、こんな風に思っています。

けれども、

「今、妊娠するのはマズイでしょ。」とか、
「彼女がつけないとさせてくれないし・・・。」とか、
「病気とかシャレにならね~。」 とか、

その他いろいろな理由からコンドームをつけるのですが・・・。

コンドームを付けたがらない男性の実態とは?

それでも、中には「コンドームって何ですか?」的なノリで押し切ろうとする輩や、「つけたくない!!」と言い張る輩や、あげくの果てには「俺、今までコンドームなんかつけた事ないから」って言ってのける輩までいたりします。

一番タチが悪いのは・・・。

「子供ができてもいいと俺は思ってる!それくらい本気だから!!生でしていいでしょ?」

なんて言う場合。

お付き合いをしている時に、「子供できたら責任とるから」とか言われるとイヤな気持ちがしない女性の方が多いですし、「そう言うならいいかしら」って思う女性も多い。

それでも「つけてくれないと不安なの・・・。」と勇気を振り絞っても、
どうしてもつけたくない男性は・・・。

「俺は本気だからつけたくないんだよ!おまえは本気じゃないのかよ? 俺の事好きじゃないの?」

なんて言い出す始末。

これって論点がかなりズレてるんですが、「好き」とか「本気」とかって言葉に弱い女性は、それ以上言えなくなってしまう事もけっこうあるようです。

ここまでではないにしても、「彼がコンドームをつけてくれないんです。」って悩む女性は多いんです。

志乃はそんな相談を受けると、いつも聞くようにしている事があります。

それは・・・。

「彼は避妊をイヤがっているのですか?
それともコンドームをイヤがっているのですか?」

結論から言って本当のところ、世の男性の大半は、

【避妊を拒んでいるのではなく、コンドーム装着を拒んでいるだけ】

なのです!!

めんどくさい! ゴムの匂いがイヤ! 気持ちよくない!

理由を挙げればキリがないんですが、男性としては性病の危険性がないと思える女性とのセックスであれば生でしたいと思う訳です。

上記でもご紹介した、「子供ができてもいいと俺は思ってる!それくらい本気だから!!生でしていいでしょ?」なんて言う場合であっても、「じゃあ、私ピル飲もうと思うんだけど」なんて相談すると二つ返事でオッケーを出して、「もうつけなくていいんだ~!!」 って単純に喜ぶ男性がすごく多いんです。

妊娠を防ぐ避妊に否定的な男性はごく少数であって、多くの男性はコンドームをつけたくないだけなんですね・・。

女性としては、なんだかな~と思う結果だとは思いますが、結局コンドームをつけない男性はいろいろ言い訳するけれど、最終的に生がいい!!って思ってるだけって事が多いんです。

やっぱりリスクを負うのは女性だから、女性側も考えなければなりません。

コンドームをつけないとか避妊の意識が低い女性に対して、
「避妊ができない男なんて別れなさい!!」って言う人もいますが、そういう問題じゃないし・・・。

「コンドームをつけないとセックスしない!!って言いなさい!」って言う人がいますが、これって正論で理想です

「つけないならしない」 志乃もそれが一番だと思います。

コンドームは性病も防げるし(100%じゃないですが)破れなければ避妊率だって高いし、つけないならしない!っていうのはすごく合理的な考えだと思います。

でも「彼がつけてくれないんです。」って言う女性に
「そう言いなさい!もっと自分の体に責任を持ちなさい!」
と言ったところで、そんな事いえないんですよ、そういう女性は。

それに言っても相手がきかないんですよ、なんだかんだ言い訳して。
でも、別れたくないから悩む訳ですよ。

生の方が触れ合ってる~って感じるから好きっていう女性だっているし、
コンドームをつけると性交痛があるっていう女性だっている訳で・・・。

女性が妊娠を望んでいない場合で、それでも彼がコンドームをつけるのをイヤがるなら、まずは、

「避妊がイヤなのか、コンドームがイヤなのか」

について話合う。

(こういう話し合いをする事だけでも、避妊の意識はお互いに高まるし、 話し合うだけでわかり合える場合だってあったりします。)

それでも彼がつける事を拒むのであれば、女性側でできる避妊方法を考える。

女性側が妊娠を望んでいないけれど、それでもコンドームの使用感がどうしても好きになれないって場合も、同じように女性ができる避妊方法を考える。

今は低容量ピルもでていて副作用も10年前より激減しましたし、
出産経験があるならリングを入れる事だってできる!!

コンドームは確かにお手軽だけれども、避妊の方法はそれだけじゃありません!!

「彼がしてくれないんです。」ってただ悩みながら、それでも相手に言いくるめられて、 妊娠する不安をかかえたままセックスをするって、絶対に良くないです。

避妊をしない事の弊害は妊娠するってだけではありませんから!

(避妊についてはこちらも参照。)

避妊一つとっても、男性任せな女性って多いと思います。

日本の風潮とか、肝を教えない性教育とか、きっといろんなところに原因はあるのですが、女性ももっと意欲的に避妊とかセックスについて考える必要があるんじゃないかな~と思います。

性の現場で働いているからこそ見える男性の心理や、一般の女性の態度の危険、本当の事を知るだけで解決できる問題はたくさんあります。

↓↓↓ なので、ぜひぜひ他の記事もご覧下さい! ↓↓↓

このページの先頭に戻る