女性のための恋愛・セックステクニック『現場の視点』

まだ、したくない時は・・・ : 女性のための恋愛・セックステクニック『現場の視点』

このサイトは、サイト管理者の中山 志乃が10年以上の接客経験から学んだ男性の習性や男性が魅了されるツボなどを応用した女性のためのセックステクニック・恋愛に関する気づきなどを『性の現場で働く者』の視点でお伝えします。パートナーの男性との関係をより素敵なものにするために『現場の視点』がお役に立てば幸いです。【女性向け】



まだ、したくない時は・・・:女性のための恋愛・セックステクニック『現場の視点』には、
セックス(SEX)に関する話題が記載されています。18歳未満の方は速やかにご退場ください。


まだ、したくない時は・・・:女性のための恋愛・セックステクニック『現場の視点』には、セックス(SEX)に関する話題が記載されています。18歳未満の方は速やかにご退場ください。

まだ、したくない時は・・・

好きだけども、まだしたくない。ちょっと早いかなぁ。そんな時の断り方や対応についてお話します。

お付き合いしだして、今日は5回目のデート。

1回目は映画を観に行って、2回目はフレンチのレストランに連れて行ってくれた・・・。 3回目はテニスをしに行って、4回目は野球観戦。 今日は、夜景を観に行こうって誘われてて・・・。

そろそろ今日くらい・・・かもしれない。
女性側が「そうなってもいいわね♪」と期待しているのであれば、何の問題もない展開ですよね?

でも女性側が、「まだ・・・そういう関係にはなりたくない」と感じている場合。
どうやって断ろう?と頭を悩ませる事も少なくありません。

流れや雰囲気でした事に後悔したくないなら・・・。

本当に好きかどうかわからないのに、いつも流れで、 『気がついたらセックスしてしまっている・・・あぁ~またやちゃった』なんて事がある人。

「どうして、セックスしちゃうのかな~。 私って貞操観念ないのかも。」
と感じながらも、ヤリ癖的なものが抜けなくて、どうしたらセックスしないでデートできるのか頭を悩ませる人もいるでしょう。

※志乃の友人にはいますし、読者の方からちらほらご相談のメールを頂きます。

女性側で納得できているのであれば、問題ないのですが、行為が終った後で、 「はぁ・・・やちゃった」とため息をつき、しかもなんだか損した気分になるなら、そのセックスは問題ありです。

損した気分になるセックスなら、しない方が良いに決まっています!

じゃあしない方向で!となるのですが、

「そろそろかも・・・」とか
「今日もしちゃうかも・・・」って思っている女性の場合。

『なんて言って断ろう・・・。』と考えます。

「生理中だから・・・」とか?
「今日は気分じゃないの・・・」とか?
「まだ早いと思う・・・」とか?

そういう事を考える女性程、これらの断りの台詞を、挿入直前とかに言ってしまいがちなんですよね。

さぁ~いくぞ!ってなってる時に、ギリギリで、
「やっぱりダメ!!今日はそんな気分じゃないの!!」って(笑)

「じゃあなんでその前に拒まないんだよ!!!」って叫びたくなる男性の気持ちも、わからないでもありません。そんなもので止まるはずもないので、なし崩し的に行為に及んで、女性側は、これまたなんだか損した気分になるわけです。

では、どうすれば上手く断る・対処することができるのか?

じゃあなんて断ればいいのか? どうすればいいのか?
一番シンプルで、それでいて効果抜群なのは・・・。

【行為が可能な場所に行かない。】

これに尽きます。

ちょっとアホくさ~って思いませんでした?思いましたよね?
志乃は友人に相談された時、このように答えたら、すっごくガッカリされました(苦笑)

でもね!本当にこれに尽きるんですよ!

「まだしたくないな~」と思う時には、
家に行かない、家に呼ばない、当然ホテルなんて行かない!
夜景も見ないし、お酒も極力飲まない、可能であれば昼間のデート!

男の口から出る「何もしないから」なんていうのを真に受けて、二人っきりで過ごせる場所になんて行ったら・・・

もう・・・ねぇ?

世の男性の中には、家に呼ぶって事はセックスしてしてサインだって思ってるし、夜デートはセックスOKサインだって思ってるような人だっているのですから。 「そんなつもりじゃないのに・・・」なんて言っても、もう遅い。

だからこそ【行為が可能な場所に行かない】 これとっても重要です。
断らなければいけない状況を回避する! 男性からしても、これはすっごく親切です。

挿入直前に「ダメ!」って言われるよりも、
「夜景よりも、昼間○○見に行きたいな~♪」って言われる方が百倍いい!

挿入直前に「ダメ!」って言われるよりも、
「うち散らかってるから、こんど大掃除したら遊びにきてね♪だから次の休みには、○○行かない?」って言われる方が百倍いい!

※なし崩し的にでもセックスできたら良しって思ってる男性を除き。

二人ともがプラスの感情が得られることが大切なんです。

セックスをした後に、「気持ちが温かくなる」とか「幸せな気分になる」とか「なんだか得したような気持ちになる」とか、そういうプラスの感情が働くのが素敵なセックスですし、セックスをするなら常にそうあるべきだと思います。

誰でもかれでも、とりあえずしておきましょうなんて言いません!
男女共に、プラスの感情が働く行為であるからこそ、セックスには意味があるのです。

そう考えると、女性側の気持ちが固まるまで、行為が可能な場所に行かないようにして過ごして、そろそろいいかなって思えて行為に及ぶのであれば・・・。

相手の男性が感じる気持ちは、ただただ、挿入して射精した!っていう達成感だけじゃなくって、男としての自信とか、受け入れられている安心感とか、愛されている満足感とか、今までに経験した事がないような、大きな快感とか、プラスの感情以外、感じようがないくらい、素敵な経験をプレゼントしてあげて下さい。

セックスは焦らせば焦らすだけ価値が上がると言われていますが、
その分ハードルも(男性側の期待値)も上がっています。

せっかく上げた価値を、上げるも下げるも女性次第です。

↓↓↓ 女性のテクニックで快感を倍増させる ↓↓↓

このページの先頭に戻る