女性のための恋愛・セックステクニック『現場の視点』

フェチ : 女性のための恋愛・セックステクニック『現場の視点』

このサイトは、サイト管理者の中山 志乃が10年以上の接客経験から学んだ男性の習性や男性が魅了されるツボなどを応用した女性のためのセックステクニック・恋愛に関する気づきなどを『性の現場で働く者』の視点でお伝えします。パートナーの男性との関係をより素敵なものにするために『現場の視点』がお役に立てば幸いです。【女性向け】



フェチ:女性のための恋愛・セックステクニック『現場の視点』には、
セックス(SEX)に関する話題が記載されています。18歳未満の方は速やかにご退場ください。


フェチ:女性のための恋愛・セックステクニック『現場の視点』には、セックス(SEX)に関する話題が記載されています。18歳未満の方は速やかにご退場ください。

フェチ

男性たちのフェチズム(フェチ)についてお話します。

【おっぱいフェチ】【足フェチ】などと聞いた事がある方も多いと思いますが、女性にはあまり理解されないフェチというものについて、今日はお話したいと思います。

一般に言われる男性の【フェチ】とは、女性の体の一部分や、女性が身につけているモノを愛好する事をいいますが、それだけではなく、女性の特別な行動や態度、状況などを愛好する事もフェチと位置づけられています。

私の彼は○○フェチです。でも、私にはその要素はかなえられそうにありません。
と言って悩む女性も多いのですが・・・。

フェチについて考えてみます。

では、まずフェチについて少し考えてみますね。

【○○フェチ】というと、なんだか変態チックで、敬遠する女性も少なくないのですが、そんな女性も、軽~いフェチな部分を持っているのです。

  • 男性の「鎖骨」を見ると興奮する。
  • 男性のたくましい腕を見ると、抱かれたいと思う。
  • ごつごつした手を見ると、この手で触られたらどんなだろうと想像する。

これらもいわば、ライトフェチと言えますね。

人間の欲望を突き詰めて考えると、どんな人間にでもフェチな部分というのは絶対にあるものです。自分が意識してるかしていないか、ただそれだけの差なのです。

【フェチ】とは、人間が持っている【こだわり】だとも言い換えられます。

ただ、女性と男性では、それに対する情熱の量と質が少し違います。
ここに、女性が男性のフェチを理解できない原因があると思います。

しかも、フェチというのは一人一つと決まっている訳ではありません。
一人の人間が複数のフェチ的要素を持ってる事が多く、その種類が増えると、反応してしまう状況やモノも絞られていくという事です。

つまり、本当のフェチを持っている男性は、自分のこだわりが満たされないと勃起すらしない事もあります。ここまできて、初めて本物のフェチだと言えますね。

例えば、おっぱいフェチなら・・・。

【おっぱいフェチ】というと、女性の皆さんは、大きいおっぱいが好きな男性を思い浮かべると思いますが、おっぱいフェチと言っても一つでは括れません。

【おっぱいフェチ】は、まず二つに分類されます。
【巨乳フェチ】と【貧乳フェチ】です。

その中でも、揺れるおっぱいフェチ、ハミ乳フェチ、おっぱい形フェチ、それ以外にも色やつや、どうしてそんなところまで!! と驚くような部分にまでこだわりを持っているのが、本当のおっぱいフェチです。

【貧乳フェチ】というと、これは小さい方が好きだというよりも、下垂(たれる)事をイヤがる男性に起こるフェチだと考えられますね。この場合、メガネやロリなどの要素が絡みあい、コスプレという新しいフェチへネットワークを繋げていく事も考えられます。

男性のフェチというものは、年齢や状況によっても変わります。
こだわりの数が増える場合もあれば、求めるものがガラッと変わってしまう事だってあります。

10代の頃はただただ、おっきいおっぱいが好きだった。
でも、30代の今になると、下垂するくらいなら、小さい方が美しいと感じるようになってきた。

というような変化もあるのです。

フェチとはとても深いこだわりの産物です。
しかし、志乃が先ほどお伝えしたように、細分化されたフェチという男性は非常に少ないのが現状です。

お店に来るお客さんでも、そこまでこだわっている人は少ないし、本当にこだわっている人は3時間でも4時間でもそれについて語る事ができるくらいの情熱を持っています。

志乃のお客さんで、「オレこそ本物のおっぱいフェチなんだ!!」と胸を張る方は、世の男性の軽いフェチズムはフェチとは言わない!!とお怒りでした。志乃がお伝えした情報なんて序の口です。

本物のフェチというのは、そんじょそこらにいるものではないのです。
と、ここまでフェチについて説明しましたが、結局何が言いたいのかと言うと・・・。

女性から見た【○○フェチ】、男性が口にする【○○フェチ】とは女性が真剣に悩むほど、本物の域には達していないのです!!

つまり、そこまで強いこだわりは持っていないという事ですね。

だから、それを女性側からの働きかけによって作る事もできてしまいます。
そう!ここからが本題!  いつも前フリが長くってすいません(笑)

フェチというのは意図的に作り出すことができるのです!

つまり、本物のフェチでない限り(というか、本物はかなりの希少価値です。)
男性の愛好するもの、こだわりを女性が意図的に作る事ができるのです!!

これ以上ない幸福と、男性としての自信を持てる関係を築く事ができてしまうと、その女性の全てに対してフェチズムを感じます。

「おっぱいが好き」が「彼女のおっぱいが好き」になって、
「細い足が好き」が「彼女の足が好き」になります。

志乃のお客さんで、細い足が好きだと公言していた自称細足フェチの方も、一年通って下さって、今では「足はちょっと脂肪がないと色っぽくないよね~」などと言います。

ちなみに、志乃の足は太いです!ちょっと脂肪が乗っているというレベルではありませんが、その方にとっては問題ないのです。

一番最初に接客をした時、「乳首はピンクでないと俺立たないよ。」なんてかなり失礼な事を言っていた、自称乳首フェチのお客様も、週に一回定期的に通って下さって、そろそろ3年がたとうとしています。

ちなみに、志乃の乳首はピンクではありません。

地黒なので、徹底的に紫外線対策をして顔とか腕とかは白いですが、乳首まではピンクにはなりませんでした(笑)

彼らが申告したフェチについての情報とは、ぜんぜん違う志乃であっても、結局はいいのです。男性のフェチなんて、多くの場合、とてもあいまいなものです。

最高の時間、最高の興奮、それを得られた時にあった状況、その相手によって「自分は○○フェチだな」と、男性は思います。そんな思い込みがフェチを作る事もあるのです。

そして、この感覚を強くすると、他では起たない本物のフェチの領域にまで昇華する事ができるのです。

↓↓↓ 彼をあなたフェチにする方法は ↓↓↓

このページの先頭に戻る