女性のための恋愛・セックステクニック『現場の視点』

誘惑 : 女性のための恋愛・セックステクニック『現場の視点』

このサイトは、サイト管理者の中山 志乃が10年以上の接客経験から学んだ男性の習性や男性が魅了されるツボなどを応用した女性のためのセックステクニック・恋愛に関する気づきなどを『性の現場で働く者』の視点でお伝えします。パートナーの男性との関係をより素敵なものにするために『現場の視点』がお役に立てば幸いです。【女性向け】



誘惑:女性のための恋愛・セックステクニック『現場の視点』には、
セックス(SEX)に関する話題が記載されています。18歳未満の方は速やかにご退場ください。


誘惑:女性のための恋愛・セックステクニック『現場の視点』には、セックス(SEX)に関する話題が記載されています。18歳未満の方は速やかにご退場ください。

誘惑

女性から男性を誘う場合、どういう点に注意すれば良いのでしょうか?

このサイトを見て下さっている読者の方であれば。
受身なだけのセックスじゃダメな事は十分に理解されていると思いますので。

「セックスは男性から誘うもの」と考える方は少ないはずです。

肌を通して愛情を伝え合うセックスという行為は、男性だけが誘うものでも男性だけが求めるものでもなくて。

男性の気持ちに配慮しながら、女性も積極的に参加するもの。そう考えると「よし!次は自分から誘ってみてもいいかも・・・」と思えてきますよね。

でも、今までずっと求められる事が普通で、男性からのアクションでセックスが始まっていた方の場合。

  • 「ん~どうやって誘えばいいんだろう?」
  • 「断られたらイヤだしな・・・どう言うのが正解なのかな?」

って、断られない効果的な『誘い文句』について悩むものなのですが。

一番重要なのは『どんな言葉で誘うのか?』よりも。
『いつ誘うのか?』だと、志乃は思います。

というのも、どんなに素敵な言葉で誘っても、どんなにお膳立てをしても。
結局、その誘いにのれる準備が相手になければ断られてしまうものです。

勇気を出して誘ったのに断られた経験のある方は、
その時の事を思い出してみて下さい。

『自分から誘う!』という事に一生懸命になりすぎて、相手のコンディションを考える余裕をなくしていませんでしたか?

男性はいつでもどんな時でも、セックスをしたい生き物だと決め付けていませんでしたか?思い当たるところ、ありませんか?

自分から誘って一度でも断られたら、女性は『誘うという行為』がダメだったんだとか。『誘い方』がダメだったんだと思いがちですが。

きっとほとんどの場合は、タイミングの問題だったのだと志乃は思います。

相手の準備ができている時、相手がセックスしたそうな時に誘っていれば結果は全く違うものになっていたでしょう。

女性にコンディションがあるのと同じように、男性にだってあるんですから。
男性が『したい時』に誘ってあげる、ただそれだけ。

男性がしたい時ってどんな時なのでしょうか?

と、こんな風に書くと。
男性が『したい時』ってどんな時なの!?と思われる方もいるかもしれません。

すご~く大雑把に言うと。

ボディタッチが増えたり、セクシャルな話題になったり、相手の目線が自分に向いているなと感じる時。一緒にいればなんとなく肌で感じるものだと思います。

でも、より確実なのは、今まで相手が誘ってきていた時の状況や雰囲気を思い出す事です。

  • 誘う直前に少しだけ無口になるとか。
  • 甘い話題を振りたがるとか。
  • 二人の体の距離が少しだけ狭くなるとか。
  • 仕事でいい事があった時とか。
  • ちょっとお酒が入っている時とか。
  • 休前日とか(笑)

ほとんどの男性にはそれぞれ『したい時のサイン』『したくなるサイクル』があるものなんです。

これは、本当にそれぞれ。

あなたの彼は、どんなサインを出しているのか?どんなサイクルでしたがるのか?を感じてあげる事。 そうやって、相手が求めている絶妙なタイミングでの誘いって。

ただ『誘ってくれた』という以上の感動、二人の関係におけるフィット感を男性に与える事ができるんです。

せっかく勇気を出して誘うなら、最も効果的なタイミングでしないとその勇気がもったいないですものね。せっかく勇気を出して誘うなら、内容に関しても普段以上の感動を彼に与えてあげて下さい。

↓↓↓ 男を誘惑するのであれば!!  ↓↓↓

このページの先頭に戻る