女性のための恋愛・セックステクニック『現場の視点』

遠距離恋愛 : 女性のための恋愛・セックステクニック『現場の視点』

このサイトは、サイト管理者の中山 志乃が10年以上の接客経験から学んだ男性の習性や男性が魅了されるツボなどを応用した女性のためのセックステクニック・恋愛に関する気づきなどを『性の現場で働く者』の視点でお伝えします。パートナーの男性との関係をより素敵なものにするために『現場の視点』がお役に立てば幸いです。【女性向け】



遠距離恋愛:女性のための恋愛・セックステクニック『現場の視点』には、
セックス(SEX)に関する話題が記載されています。18歳未満の方は速やかにご退場ください。


遠距離恋愛:女性のための恋愛・セックステクニック『現場の視点』には、セックス(SEX)に関する話題が記載されています。18歳未満の方は速やかにご退場ください。

遠距離恋愛

遠距離恋愛にセックステクニックは大変重要だというお話をします。

友人数人とご飯を食べている時の会話です。

A子:「こないだ行ったエステがすっごくよくて、お肌ツルツルになったのよ~彼氏にもほめられちゃった♪よかったらB子も行かない?」
B子:「エステは興味あるけど・・・うちは遠距離だからいいよ」
A子:「そっか~遠距離だしね~」

志乃はこの会話を聞いて「はて?」と思いました。

ある時は、お店の待機室で。

C子:「ねぇねぇ見て見て~♪今○○で下着のバーゲンしてて、すっごい可愛いブラジャーみつけたの♪」
D子:「へぇ~可愛いね~」
C子:「すっごい安いからまた行こうと思うんだけど、一緒にどう?」
D子:「私はいいよ~どうせ遠距離だしさ~」
C子:「そっか~遠距離じゃあねぇ~」

やっぱり「はて?」と思いました。
断り文句にしても「遠距離だから」とはどういう意味なのか?

読者の方から頂くメールでも、たまにこういう表現をされる方がいます。

「セックスは大切だとは思うんですが、遠距離なんで・・・」

それって本当に理由になるのでしょうか?

遠距離恋愛にはやはり障壁があるのが事実です。

確かに遠距離恋愛には、近距離恋愛(というのでしょうか?)にはない障壁がある事は事実です。 距離が離れれば離れる程、男性も女性も強い精神力が必要になる事も事実です。

特に男性には『抱き合える事』が大切な一瞬がある事も事実です。

顔を見ながらなら、しなくてすんだようなケンカをしてしまう事だってあるでしょう。抱き合えば仲直りできてしまうような事でも、お互いに理解しあうのにとても時間がかかる事だってあるでしょう。

近くにる異性に気持ちが移りそうになる事だってあるでしょう。

近距離恋愛に比べると、遠距離恋愛はとても難しいと言われています。

生活する場所が離れているだけで、もうそれだけで、
成り立たないような気がしますよね。

確かに、遠距離恋愛からの結婚率ってあまり高くありません。
人間は、近くにいる異性に惹かれるようにできています。

それでも、条件的には不利でも、

【お互いに、この人だと思ったから、遠距離恋愛が成り立っている】

とは、思えませんか?

近くにいる異性の方が恋愛をする上では有利です。
それなのに、自分は相手を選んで、相手は自分を選んでくれている。

それはスゴイ事だとは思えませんか?
志乃はそう思います。

遠距離恋愛について、この話をすると「キレイごとだわ」と言われる事もあるのですが・・・。

メールサポートをさせて頂いている方で、遠距離恋愛を実らせてご結婚された!なんて話を聞くと、やっぱりそんな風に思ってしまうのです。

そんな皆さんに共通するのは「遠距離恋愛だから」という事を言い訳にしないところです。 何か変化する時、何か努力する時「どうせ遠距離だし」って、皆さん絶対に言わないんですよね。

だからこそ、最高の自分で愛し合う必要があるのでは?

「遠距離だからこそ、会える時には最高の自分で!」

という女性としての気合いが見える。

特に、セクシャルな部分は遠距離恋愛には欠かせません。

男性には『抱き合える事』が大切な一瞬があります。

遠距離であっても、近距離であっても、どんな恋愛をしていても、何かのきっかけで『女性の体温』を強烈に欲する一瞬があります。

その一瞬が、心の隙間です。

タイミングが悪いと、その心の隙間に違う女性が入り込んでしまう事もあるものです。

離れているからこそ、会えるチャンスが少ないからこそ、
抱き合える時には最高の時間を過ごす。

その時間が、離れている間の心の隙間を小さくしてくれます。

「遠距離恋愛だから」は、セックスの充実度が低くて良い理由にはなりません。

↓↓↓どちらかというと、遠距離恋愛にこそ、体の繋がりは大切です↓↓↓

このページの先頭に戻る