女性のための恋愛・セックステクニック『現場の視点』

人間関係のストレス : 女性のための恋愛・セックステクニック『現場の視点』

このサイトは、サイト管理者の中山 志乃が10年以上の接客経験から学んだ男性の習性や男性が魅了されるツボなどを応用した女性のためのセックステクニック・恋愛に関する気づきなどを『性の現場で働く者』の視点でお伝えします。パートナーの男性との関係をより素敵なものにするために『現場の視点』がお役に立てば幸いです。【女性向け】



人間関係のストレス:女性のための恋愛・セックステクニック『現場の視点』には、
セックス(SEX)に関する話題が記載されています。18歳未満の方は速やかにご退場ください。


人間関係のストレス:女性のための恋愛・セックステクニック『現場の視点』には、セックス(SEX)に関する話題が記載されています。18歳未満の方は速やかにご退場ください。

人間関係のストレス

彼や旦那様の行動や発言にストレスを感じたらどう対処していけばいいのかをお話します。

入って2~3年目の女の子たちが、新人の女の子についてよく愚痴っています。

女性だらけの職場なので、何年か先輩の女の子は新人の女の子の服装やメイク、話し方や表情まで気になる様子。

そして決まって言うのが。

「最近の子って挨拶もしないんですよ!信じられない!!」

もうね、びっくりするくらいすごく怒ってるんです。

挨拶は大事ですよね、わかります。

彼女たちは間違った事は言ってません、わかります。

「志乃さん、どう思います!?」って、いつも明らかに同意を求められるのですが、ついつい。

「新人さんは緊張してるのかもよ、先輩が挨拶してあげたら少しはリラックスできるかもしれないし、先に声かけてあげたら?」

って、言ってしまったらまた大変。

志乃さんは新人に甘いって、即わからず屋のレッテルを貼られます。

かといって、怒る女の子たちはその不満を相手に伝える事はないし、改善策を提案する事もない。

「だって、言えない・・・」ってみんな言うんですよね。

これ、すごくよくわかります。

挨拶しない新人さんに対して「あなたは新人なんだから、先輩方には敬意を払って先に挨拶するのが普通でしょ!」なんて、感じ悪くて言えませんよね。

「ご挨拶は基本だから、待機室に入ったら挨拶してね」って言うのも先輩面してるみたいで言いにくい。(実際、先輩面してるから愚痴が出るわけですが・・・なかなか言いにくいものです)

こういうのは、女性が集まればどこにでもある話ですよね。

実はこれは男性との関係にも共通点があるのです

興味深いな~と思っていつも聞いているのですが、怒る女の子を何人も見ていると共通点に気づきます。

「新人の子が〇〇しないんですよ!」って怒る女の子は・・・・。
「彼氏が〇〇してくれないんですよ!」って怒るんです。

メールをくれない、時間をつくってくれない、優しくしてくれない。
「〇〇してくれない!」ってストレスを感じている。

一つの事が気になって不満を感じるけど、それが言えなくて。
言えない自分にも腹が立って、余計にイライラするんですよね。

「〇〇してくれない!」という思考は、ストレスを無限に生みます。

怒っている女の子に志乃が提案した。

「新人さんは緊張してるのかもよ、先輩が挨拶してあげたら少しはリラックスできるかもしれないし、先に声かけてあげたら?」

っていうのは、自分自身ができるだけストレスを感じない為の方法で。

新人さんに甘いんじゃなくて、自分自身に甘いんです。

なるべくストレスを感じないように「〇〇してくれない!」って思ったら、どうしたら〇〇してくれるようになるのか?を考えて行動する。

だって、自分と全く同じ価値観の人間なんていないこの世界で、〇〇してくれない!なんて言い出したら、胃がいくつあっても足りないです。

我慢か相手を責めるかの2択の答えではないんです。

人間関係で不満を感じた時って、グッと我慢するか(ストレス増幅中)相手を責めるか(これまた違ったストレス発生)の2択だと思ってしまいがちですが。

どうしたら不満を感じなくて良くなるか?を考え行動する。

という選択肢が増えると、目指すところが変わるからか、自然と気持ちが楽になるものなんです。

メールや電話をくれない。
会いにきてくれない。
優しくしてくれない。

男性に対して、そんな風に感じたら。

どうしたら〇〇してもらえるのか?を考え、誘導していく。

こう考えるだけで、今まで感じていたストレスを半分くらいは減らせるはずです。

彼が優しくしたくなるように誘導してあげて下さい。

↓↓↓あなたならきっと出来るはずです↓↓↓

このページの先頭に戻る